中学受験を突破するための進学塾の使い方


東京都と神奈川県では2月1日から、千葉県・埼玉県は1月から中学受験が始まります。
中学受験向けの進学塾は、2月第一週から新学年度となります。
学習塾は大きく分けて2種類あります。
集団型と個別指導型です。
そこで、これから中学受験の準備を始める方に、選び方のポイントを紹介させていただきます。
まずは、性格やタイプを考えてどちらが合っているかを考えるのは当然ですが、それはご両親が一番わかることでしょう。
それと同時に考えなければならないことがあります。

今何年生ですか。結論から申し上げます。
今の学年が4・5年生の方は集団塾はお勧めできません。
なぜなら、集団塾のテキストは、4・5・6年生の3ヵ年のカリキュラムになっているからです。
主要科目の算数の2月から始まる新5年生コースの学習内容は、公立小学校の学習内容の1年先まで進んでいます。
新6年生コースに至っては、すでに5年生コースで小学校の学習範囲を終了しています。
たとえ学校でトップクラスの学力のお子様でも「習っていないところから始める」ということになりますので、ついていくことは到底不可能なのです。
そうなると、4・5年生の選択肢は個別指導ということになります。
個別指導塾も現在では密集状態です。
ですが、実態はフランチャイズ加盟が大半で、ズブの素人が経営しているケースさえあります。
直営で、中学受験のカリキュラムをしっかりと作成した本来の意味の個別指導をしてもらえるところを選ばなくては後悔することになります。
間違えのないのは東京個別指導学院とTOMASです。
この2社なら全て直営で指導体制も群を抜いています。
価格はほかに比べて高いですが、安物買いは禁物です。