葬儀社と斎場・火葬場について


全国各地には、葬儀を行う施設がありますが、利用する際には葬儀社と臨海斎場、火葬場について、いくつか知っておきたいことがあります。
葬儀は、通夜を行いその後告別式を行って、火葬場にて故人を荼毘に付す流れが一般的になります。
その際には、葬儀社の役割は重要になるものです。
故人が衣装に着替えるところから、葬儀社が手伝ってくれるところもあり、通夜から葬儀、告別式と火葬までの流れをサポートしてくれるのが葬儀社になります。

現在では、通夜や葬儀、告別式などを行う堀ノ内斎場を所有している葬儀社があります。
こちらの場合には、公営や民間の斎場も利用することが可能となっています。
しかしながら、多くの葬儀社は斎場を所有していないことが多いようです。
また、斎場には火葬場を併設している施設があります。
このような施設であれば、葬儀、告別式を終えた後の、火葬場への移動時間が短くて済みますので、便利といえるでしょう。
ですが、地域によっては斎場と火葬場が分離されているところもあります。
これは、通夜や葬儀、告別式を、自宅や自宅近くの集会場などで行っていたため、火葬場の施設が単独であったといわれています。
現代の葬儀事情は、昔に比べて変化してきていますので、葬儀を行うことになった時には、まずは葬儀社を選んで連絡をし、斎場や火葬場を相談しながら決めていくのがいいでしょう。
気持ちの整理をしながら、葬儀の専門にまかせて進めていくのもいいでしょう。